完全なる消化〜酵素ダイエット

Sponsored Link

完全なる消化

消化不良をおこさないようにして、代謝をよくするために、「消化のメカニズム」を知っておく必要があります。
消化の目的とは、食べ物に含まれている栄養素を最小単位にして、スムーズに吸収できるようにすることです。

 

私たちの体に必要な栄養素は、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」です。
さらに、老廃物の排出にかかせない「食物繊維」、すぐれた抗酸化作用をもつ「ファイトケミカル」、体の維持に大きな役割を果たす「水」、健康で若々しさを保つ「酵素」があります。
このうち、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、酵素などはもともと分子が小さいものなので、そのままで体内に吸収されます。
食物繊維は吸収されず、腸内にとどまり、不要な老廃物の排泄に役立ちます。

 

問題は、「炭水化物」「タンパク質」「脂質」の消化です。

 

食物は口腔内でそしゃくされて小さくなって食道へと移動していきます。
食道は食物が単に通るだけでなく、ぜん動運動という筋肉の波にのって運ばれ、胃の中では胃粘膜のひだの間ですりあわされて、更に細かくなります。
このような消化作用を「機械的消化」といいます。

 

これに加えて、消化管では消化腺から分泌される消火液による「化学的消化」もおこなわれます。
口の中では唾液に含まれる酵素:アミラーゼによって、炭水化物の分解がおこなわれ、胃の中では胃液中の胃酸やペプシンなどの消化酵素によって、タンパク質が分解されます。
胃から十二指腸に移動する時点では、食物はお粥のような状態になっています。
さらに、十二指腸では膵臓から分泌される膵液に含まれる消化酵素によって、炭水化物、タンパク質、脂肪が消化分解されます。
膵液の消化酵素のリパーゼは、脂肪細胞を分解します。

 

このように食物は、口腔から小腸に至る過程で、消化・分解され、最小分子になった栄養素が小腸粘膜から吸収されます。
そして、吸収された栄養素の最小分子は肝臓で代謝されたあと、全身にいきわたり、生命維持のために役立てられます。

 

その後、消化しきれなかった食物は大腸に入り、大腸菌などの細菌によって分解されます。
これを「生物的消化」といいます。

 

この過程の「化学的消化」では、酵素が主となって消化を行います。

 

私たちが太らないようにするためには、消化活動が円滑に進むようにすることが第一です。

 

すなわち、消化に必要な酵素をたくさん摂取することで、消化活動がスムーズになるのです。
その為には、生の食物に存在する酵素をたっぷり摂る必要があるのです。

Sponsored Link