酵素の種類〜酵素ダイエット

Sponsored Link

酵素の種類

酵素は、体内に3,000種類以上存在し、それぞれの役割を担っているのですが、それらを大きく分けると、「体外酵素」と「体内酵素」の2つに分類することが出来ます。

 

「体外酵素」は、食物に含まれる酵素で、別名、食物酵素とも呼ばれます。
自分自身を消化する働きを持ちます。

 

「体内酵素」は、人体で作られる酵素です。
別名、潜在酵素とも呼ばれます。
「潜在酵素」は大きく2つに分類され、消化を促す「消化酵素」と、新陳代謝や免疫など、生命維持活動に関係する「代謝酵素」になります。

 

これら「潜在酵素」と「食物酵素」のバランスを上手くとることで、代謝を高め、脂肪燃焼を促進することが出来るといわれているのです。

 

「潜在酵素」は、生まれたときから潜在的に持っている酵素ですが、年齢を重ねるとともに、減少していきます。
また、酵素は体内で常に作りだされていますが、1日に作ることができる量は限られており、必然的に一生の間に作ることができる酵素の量も限られてしまします。
そこで外部から「食物酵素」を取り入れる必要があるのです。
「食物酵素」はその食物自体を自己消化する為、「潜在酵素」を使わずにすむというメリットがあります。
「食物酵素」は、野菜や果物、肉、魚などあらゆる動植物から摂ることができますが、48度以上に加熱すると死滅するという特性があるため、生で食べる必要があります。

 

ではまず、「酵素」でどのようなことが出来るでしょうか?

 

腸の中にある3〜5kgの宿便を排泄

 

血管中の毒素をなくし、血液をサラサラに

 

血液がサラサラになることにより、体内の脂肪分等を排泄

 

肝臓・腎臓の負担をなくす

 

腸の中の悪玉菌を減らし、悪玉菌の発する有毒ガスを取り除き、体臭・口臭を消す

 

手作りの酵素ジュースを続けるのも良いですし、長く続けるには、市販の酵素液を利用するのも良いと思います。
いずれにしても、酵素はからだに必要なもので、年齢をかさねるにつれ、つくられる量がへってしまうので、積極的に摂るようにしましょう。

Sponsored Link